指輪を買うときに考えておきたいことと注意点

シーンを考える

指輪

指輪を購入するときに気をつけよう

指輪を購入しようと思ったときは付けるシーンのことまで考えておくといいでしょう。これはプライベートな時間にオシャレを楽しむための指輪、こっちは仕事先でも使えるような指輪、冠婚葬祭用の指輪といったようにシーンごとに使い分けが必要です。そういったことも考えて指輪を購入しましょう。

刻印をしてもらうときの注意点

指輪の中には購入するときに文字や日付、模様を刻印することができるものもあります。そういったサービスを利用するときに気をつけたいのがスペルのミスです。指輪の側面に小さく掘られるため、後からスペルミスに気づくということもあるでしょう。また、英語の場合はスペルやイニシャルの順番が違うことで意味が変わってしまうので気をつけましょう。

使われている素材に気をつけよう

可愛いデザインやオシャレな指輪はたくさんあり、一目惚れしてしまうこともあるでしょう。ぴったりのサイズで気に入ったデザインならすぐに購入しようと思ってしまうはずです。しかし、ここで確認しておきたいのが指輪に使われている素材のことです。金属アレルギーがあるのに、シルバーやゴールド素材でできた指輪をすると荒れてしまうでしょう。見た目だけでなく使い続けられる素材かどうかもチェックしてください。

ゴールドやプラチナは傷つきやすい

指輪の素材としてゴールドやシルバーが使われている場合は傷にも注意が必要になります。これらの素材は純度が高いものほど柔らかいという特徴があり、大きな力を加えてしまうことで傷が付いたり、歪みが生じてしまうこともあるのです。長く使いたい指輪はチタンのような強度のある素材のものを探しましょう。

アフターサービス付かどうかも重要!

指輪の購入をする場合は、アフターサービスがあるのかどうかも確認しておきましょう。例えば、指輪のサイズが変わって指に入らなくなるということも考えられます。朝や夜、季節によって指のむくみ具合は違うのでそういったサイズの変化はよくあるでしょう。そんなときにも対応できるというところで購入すると安心できます。他にも磨き直しに応じてくれるというところもあるでしょう。

広告募集中